和泉市で狭心症の事ならおくやまクリニック

駐車場完備
TEL:0725-40-0707

狭心症

狭心症とは

狭心症とは

心筋虚血は、動脈硬化によって心臓の筋肉に血液を送る血管である冠動脈が細くなるため、特に運動時(階段や坂道で)に血の流れが足りなくなり、心筋が酸素不足に陥る状態です(血管が細くて、酸欠になるわけですね)。酸素が不足すると、胸の圧迫感や痛みなどがあれば、これを狭心症と呼びます。

心筋が酸素不足に陥っても胸の症状がないこともあり、無症候性(=症状のない)心筋虚血と言います。症状がない場合も、狭心症と同じように無治療では将来命に係わる状態となる頻度は同じと言われています。

動脈硬化の進行にブレーキをかけるような治療(生活習慣の改善を含めて)を行わないと、突然できた血栓(血のり)によって、冠動脈が閉塞し心筋梗塞となり、生命を失ったり、重い心不全を発症しやすくなります。 そのため狭心症の段階で、しっかりと治療しておくことが肝心です。ただし、狭く見えるところを金網で広げたら解決、ということではありません。

狭心症の症状は、普通は「労作性狭心症」と言って労作時、つまり急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったりした時などに起こり、胸の中央部辺りが締めつけられる、あるいは何かを押しつけられているような症状が出ます。しかし、少し数分休むと、心臓の動く回数が減り、血圧も少し下がって、症状が治まってしまうのが特徴です。
痛みは左肩・腕や顎まで広がることがあります。痛みではなく、息切れとして感じることもあります。

深夜や明け方などに、安静にしているときに胸痛が起こるタイプの狭心症もあります。欧米人に比べ、日本人に多いと言われています。これは「冠攣縮(かんれんしゅく)」といって、いつもは特に狭くなっていない血管が、急にけいれんを起こして狭くなり、血液が流れにくくなるために起こる狭心症の1種です。ある程度の診断がつけば、薬物でしっかりと症状を減らすことが第一目標となります。

狭心症の治療

①いま困っている症状に対する治療と、②動脈硬化にブレーキをかける治療の二本立てになります。

狭くなった冠動脈、特に太いところには、できればステントという金網をカテーテル治療で入れて、血管を広げる治療を行います。坂道を上ったときなどに起こる症状をある程度は薬で抑えることができる場合もありますが、2本以上狭くなった血管がある際は血管を広げる治療(場合によっては心臓外科でバイパス手術)はしておいたほうが良いでしょう。逆に言うと、端の方の血管(血を送っている範囲が狭い)、特に1本だけ狭い場合には内服薬の治療でも「生き死に」にはステントとそれほど変わらないと考えられているということです。

いったん起こった動脈硬化を元通りにして若いころのような血管にすることは不可能です。動脈硬化の進行速度を緩める、つまりブレーキをかけることが目標になります。ブレーキをかけるためには、禁煙をする、高血圧・脂質異常症・糖尿病などを治療する、体重を減らすような運動、食生活にする、などを心掛ける必要があります。

PAGE TOP